HAWKS NEST

シアトル・シーホークス・NFL・応援掲示板・ファンタジー 
HAWKS NEST TOP  >  ニュース

2011 DRAFT 

 ここ数年は上位指名権を有し、それなりに楽しみだったドラフトでした。今年は興味が半減していました。1順25番目。それはレギュラーシーズンの成績がよく、さらにプレーオフ2回戦まで勝ち上がった結果ですから、むしろ喜ばしいことです。地元のワシントン大のQBロッカーをトレードアップして取るような話もありました。でも、それはありえないと思っていました。1位指名したQBが活躍した例がないからです。1990年代のマイアー、1980年のマクガイアなど、期待はされましたが、重圧に押しつぶされたのでしょうか。
反対にトレードダウンの可能性もあるという話でした。とにかくビッグネームの獲得はないだろうという予想でした。まさかここまで徹底した指名をするとは予想外でした。各ポジションを満遍なく取るのが普通ですから、本当に驚きました。
 
 今、一番に補強しなければならない所はOL。こんなに分かりやすい指名は他では見られないことでしょう。1順でOL。2順はトレードダウン。3順でG。チームが必要としているのはラン攻撃です。それのみと言っても過言ではないでしょう。ランを出すためにRBを獲得と考えがちです。もちろんRBは大事です。

 ランが出たシーズンというと、スーパーボウルに初出場した2005シーズンまでさかのぼらなければなりません。当時のRBアレキサンダーはシーズンMVPを獲得しました。そのときのラインを見てみましょう。

 LT ジョーンズ
 LG ハッチンソン
 C  トーベック
 RG ウーマック
 RT ロックレア

 センターから左サイドの3人はいずれもプロボウラーです。中でもジョーンズは常連で、クエストフィールドにユニフォームが掲げられている永久欠番の名選手です。右サイドの2人もドラフトで加入した、力を持った若手バリバリでした。リーグでも屈指のラインだったのです。

 それからシーズンがめぐるたびにアレキサンダーは走れなくなりました。RBをモリス、ジョーンズらに代えても結果は同じでした。問題はラインでした。ランを支えていた縁の下の力持ち達は次々にFAや引退で抜けてしまい、弱体化してしまったのです。現在残っているのはロックレアのみです。ベテランですが、往年の力はないというのが正直なところです。

 キャロルがヘッドコーチに就任した去年、最初のドラフトで1位の高順位でLTのオー君を獲得しました。Cには数年前のドラ1のスペンサーがいます。スーパー当時の左サイドに1歩近づいたような印象を受けました。さらに下位指名権をトレードしてベテランのRBを2人も獲得しました。キャロルの1,2パンチです。その1人ワシントンはリターンで活躍しました。そしてシーズン開始後にはRBリンチを獲得しました。ランは改善されると思われました。しかし、いかんせんOLの層が薄かった。2年前の2位指名、万能型ラインのアンガーがケガをすると、その穴を埋められる選手がいない。ラインは崩壊、終わってみればラン攻撃はリーグ最下位に近い散々たる成績でした。

 ラインの他はセカンダリー陣を補強しました。まさにピンポイント補強です。ここの層も厚くなりました。あとのポジションは現況で十分でしょう。なかなか興味深いドラフトでした。

 USCで成功したキャロルの手腕は確かなものだと思います。このドラフトで今後10年は強いホークスが約束されたようなものです。シーズンが楽しみです。

 2011 DRAFT指名リスト

1 25 (25) Carpenter, James OL

3 11 (75) Moffitt, John G

4 2 (99) Wright, K.J. LB

4 10 (107) Durham, Kris WR

5 23 (154) Sherman, Richard DB

5 25 (156) Legree, Mark FS

6 8 (173) Maxwell, ByronDB

7 2 (205) Levingston, Lazarius DL

7 39 (242) Smith, Malcolm OLB
[ 2011/05/04 11:32 ] ニュース | TB(0) | CM(-)

ラン攻撃への期待

 現在までのラン攻撃はリーグ32チーム中の30位という成績です。先週のMarshawn Lynchは目を覆いたくなるような不出来でした。ランが出ない。フリーのパスを何度も落球。挙句の果ては2度のファンブル・ロスト。がっかりしました。

 ライブで観戦していましたが、決して気が抜けているような印象は感じられませんでした。むしろ何とかしたいという気持ちが空回りしたように思えました。ミスをしたあとに悔しがっているときの表情から、彼の一生懸命さが伝わってきました。ミスの原因を冷静に分析してみました。れからに期待を持てると思いました。

 まず準備不足があげられます。シーズンが始まってからのトレードでした。つまりキャンプにはいなかったわけです。戦術を完全に理解するには相当の時間が必要です。又、チームメイトと息を合わせる練習もまだ不十分と言わざるを得ません。QBのパスのタッチはそれぞれです。猛練習を積み重ね、ハスのパスに慣れれば落球は激減することでしょう。

 次にファンブルですが、これには彼の特徴が関係しています。彼はパワーランナーです。Justin Forsettは穴から穴へすばやく走り抜け、DEFとの接触が少ないタイプですが、Marshawn Lynchは体ごとぶつかり、密集を掻き分けながら進みます。足を止めず、最後の最後まであきらめないで距離を稼ぐ努力をします。今までセカンド・エフォート、サード・エフォートで何度も止まりそうになりながら、そこから再び前進し始め、ゲインしたことがありました。

 先週はそのときにボールを持った腕がDEFに当たり、落としていました。走りの特徴を生かしつつ、ファンブルを失くす方法を中継で解説者が言っていました。ボールの持ち方を変えることだと。距離優先から意識を変え、ボールを失うことが最悪の事態であり、勝敗を左右することを再認識したことでしょう。ランナーとして大きな成長につながったと思います。必ずや改善されると思います。

 興味深いデータがあります。Lynchの平均獲得ヤードは3.1です。それがRussell Okungが左タックルにいるときの平均は 4.8になります。ところがOkungがケガで欠場し、代わりにTyler Polumbusが入ったときの平均は1.9なのです。ランはランニングバックだけの仕事ではありません。大事なのはOFEラインです。ホークスのラインはメンバーの固定ができず、現座までリーグ最多の7回もの変動を繰り返しています。でも、ここにきてオー君は回復しました。ラインがランを押し上げてくれるでしょう。

 チームの攻撃隊形はフルバックを使わずタイトエンドを二人起用しています。これはランよりもパスを中心に考えているからです。穴を広げるフルバックよりタイトエンドへのパスを優先しているのです。ランはパス攻撃を生かす意味もあります。負けましたが、ハスのパスは2試合連続で300ヤードを越えました。Lynchはパスを支えるためのランに徹することでチームに貢献できます。パスが出ればランも生きてきます。好循環が期待できます。笑顔が見たいです。がんばれLynch。
[ 2010/11/28 09:42 ] ニュース | TB(0) | CM(-)

Adrian Peterson とサイン  まさか

 一瞬おどろきました。あのオールプロのAdrian Peterson ・・・。同姓同名の選手でした。Minnesota VikingsのAdrian Petersonではありません。Chicago Bearsで控えを8年間勤めた選手でした。去年は7回で51 yard。キャリア通算、106試合で1,283 yard、8 touchdown。2007年がキャリア・ハイの510 yardにパスキャッチが51回で420yardという31歳の選手でした。これでrunning backは計6人になりました。

 Justin Forsett, Julius Jones, Leon Washington, Quinton Ganther, Louis Rankin そして、Adrian Peterson。熾烈な生き残り競争です。開幕戦先発は誰になるのでしょうか。
[ 2010/08/13 16:42 ] ニュース | TB(-) | CM(-)