HAWKS NEST

シアトル・シーホークス・NFL・応援掲示板・ファンタジー 
HAWKS NEST TOP  >  ゲーム >  プレシーズン第2戦

プレシーズン第2戦

 プレシーズン・ゲームなので勝敗は二の次と言いますが、今回は、いわゆる負けるが勝ちではなく、負けるが価値でした。敗因は控えQBのWhitehurstの無茶投げです。INTされ、負けにつながりました。前回よかったので、調子に乗ってしまったのでしょうか。出場機会の少ない中、いい勉強になったと思います。この経験が今後の彼の奮起を促すのではないでしょうか。Hasselbeckの後は自分と自負しているのでしょうが、今のままで自動的にエースの座が降りてくるなんて思っていたら大間違いです。飛躍し、Hasselbeckに挑戦して勝ち取らないと、そのうちドラフトでQBが指名されてしまいます。Hasselbeckの仕上がりが順調なので、自分も負けてはいられないという気持ちがINTという結果になったのでしょうが、まだ時間はかかりそうです。ちなみにHasselbeckが元パッカーズというのは周知の事実ですが、Whitehurstの親父さんが元パッカーズのQBだったとは知りませんでした。いろんな因縁があります。ホークスはホルムグレン以来、パッカーズとは深い縁があります。

 ここ数年、WRに多くのけが人を抱えてのプレシーズンゲームが続いていましたが、今年は違います。駒不足と言われていましたが、まったく不安ありません。ブランチとフーシュが健在なのを見せてくれました。リーグでも屈指のタンデムです。そして、やはりケガだったオボマヌが復活していました。さらにバトラー、ウィリアムズ、今年のドラフト指名のテイトの姿もありました。RBと同じく6名。ロースター争いが熾烈です。

 うれしかったのはCBのトルーファントが元気だったことです。去年はキャンプから体調不良で、不満足なシーズンでした。今年は去年の分まで活躍し、再びプロボウル出場も夢ではありません。負けても、価値ある試合でした。
[ 2010/08/28 19:43 ] ゲーム | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL