HAWKS NEST

シアトル・シーホークス・NFL・応援掲示板・ファンタジー 
HAWKS NEST TOP  >  2011 ゲーム >  決断

決断

 連敗したら、気分が沈み、何も書きたくなくないのですが。ここは書かざるを得ません。何処がいけないのか。どうすればいいのか。何処か良い所はないのか。

 バイ明けのウィーク7は控えのホワイトハーストが先発。ケガのジャクソンに代わり2週間ファーストチームを率いて練習していました。ジャクソンより良いという意見もありました。期待は大きいものがありました。が、はっきり言ってダメでした。まったくDEFが見えていませんでした。ダブルカバーのWRに無茶投げしていました。相手のQBも不安定だったため、両者が互角に見えましたが、レベルの低い争いでしかありませんでした。やはり控え止まりですね。おまけにエースRBのリンチも欠場。相手チームも付き合ってくれたのか、同様にエースRBが欠場。両チームともOFEが全然進みません。6対3。得点を見れば分かるとおり、FGのみ。まるでベースボールの得点ではありませんか。接戦と言うより凡戦でした。TDがないと、いかに盛り上がりに欠けるかがわかりました。おまけに審判のコールも疑わしいものばかり。それでも勝てばファンは満足するのでしょうか。この日は選手も審判もファンも、みんな、どうかしていたのではないですか。こんな試合をしていたら、NFLのファンが減るのではと思わざるを得ない内容でした。ぜひリーグのコミッショナーにも見てもらいたいものです。

 ウィーク8、先発はホワイトハースト。ジャクソンはケガの状態が良くないのだろうと勝手な想像をしました。案の定、OFEは機能しません。見るに見かねたのか、キャロルヘッドコーチは途中からジャクソンを投入しました。ここで疑問。出場できるのなら、なぜ最初から使わなかったのでしょうか。とにもかくにも久々のエースの登場です。いやがうえにも期待がふくらみます。いきなりのRBのファンブル。練習で合わせていない上に途中からトスのタイミングが変わったことが影響したのでしょうか。大いに盛り下がりました。地元で先週のような無様な試合はみせられないという思いからエースを出したのでしょうが、裏目に出てしまいました。ケガのジャクソンよりはホワイトハーストのほうがいいという決断だったのではないでしょうか。

 その後、DEFが踏ん張り、何とか追いつける得点差で推移しました。インターセプトも飛び出し、勢いに乗れるかなと言うところで、結局OFEがチャンスの芽を摘んでしまいました。挙句の果てジャクソンが痛み、またホワイトハーストが出てきました。そして、すぐにジャクソンにスイッチしました。そんなに差があるのかなと思いました。これって、どっちがベターかというレベルの話なのですね。つまり、どんぐりの背比べです。どちらもベストにはなれないのではないでしょうか。確かにOFEラインが破られ、サックされることも多く、また、ランが全く出ず、パスしかないところに、これまたレシーバーの落球がメチャクチャ多いことも事実です。でも、試合のモメンタムを引き寄せ、チームを勝ちに導くのがエースQBであり、レーティングが低くても勝てるQBこそが求められているのです。ホワイトハーストを取り、ハセルバックを出し、ジャクソンを入れてエースに指名した一連の決断でしたが、こうなるとクエスチョンマークがつきます。ケガから完全回復したジャクソンがオオバケしてくれることを願うのみです。そう言えば、3本目のQBもいましたよね。
[ 2011/10/31 14:25 ] 2011 ゲーム | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL