HAWKS NEST

シアトル・シーホークス・NFL・応援掲示板・ファンタジー 
HAWKS NEST TOP  >  ゲーム >  第48回スーパーボウル

第48回スーパーボウル


夢はすぐに実現すると思っていました。あれは1983年のチャンピオンシップ。それからスーパー初出場の2006年まで、ずいぶん長くかかりました。前回はスーパー出場で十分意味があるように思えました。今回は出場のみで終わったら、決して満足できません。絶対に勝つという強い思いがありました。下手な例えですが、アガリの手前のマスでサイコロを振り、出た目によってはフリダシへ戻るというスゴロクがあります。今回の負けは、まさしくフリダシへ戻されるような感じがしていたのです。いろいろな思いが交錯し、前夜はあまり眠れませんでした。

心配は無用でした。開始早々、わずか12秒で得点しました。セーフティ。これはQBとCの連携ミスでした。しかし、予想以上のノイズが原因だったとマニングが述べています。初出場の第40回を思い出しました。会場はデトロイトでした。相手チームのピッツバーグが近いこともあり、PITファンが大勢押しかけていました。まるでアウェイの雰囲気でした。開始早々にフォルス・スタートの反則を奪いました。12番目の選手がノイズで邪魔していたのです。現在シーホークス・ファンはギネスに世界一のノイジーなファンと認定されています。8年前から今と変わらぬ仕事をしていたのです。

この勢いは止まることはありませんでした。そのままスーパー初制覇まで駆け抜けました。ファンの声援が反則を奪うどころか得点まで挙げ、勝敗にまで大きな影響を与えました。ファンがここまで関与できるスポーツは他にはありません。NFLの凄さとシーホークス・ファンの偉大さを改めて感じました。
 
 この試合中、ほんの一瞬の不安を感じることもありませんでした。ランが出なくてもOFEはパスで活路を開きました。着実に進みます。派手さはありません。しかし、これこそがウィルソンの持ち味なのです。対してDEFは派手なビッグプレイが売り物です。手始めはチャンセラーのTNT。そして攻守の両輪が回転し始めます。FGを積み重ね、じわじわと引き離していきます。リンチのTDで15-0。2本差がついたところで、やっと一息つきました。攻撃力のあるDENですから容易には気が抜けません。

さらにビッグプレイが出ました。DラインがQBに襲いかかり、サック寸前、フワフワと浮いたボールをスミスが奪い、そのまま69ヤードのリターンTD。3本差の22-0で前半終了。ビールをいただきました。アメリカからの輸入物。つまみはポップコーンとトルティアチップス。ハーフタイムショーを余裕で観ることができました。しかし、この得点差でも安心はできません。相手は百戦錬磨のマニング兄ですから。

後半開始、再び胸がドキドキしてきました。直後にハービンのキックオフ・リターンTDが飛び出しました。移籍後に活躍できなかった鬱憤を一気に晴らすかのような華麗な87ヤード・リターンでした。29-0。これで勝利を確信しました。好調のパスはカース、ボールドウィンにTDをヒット。8点を返されても、すでに勝敗は微動だにしません。

最終スコアは43-8。アナウンサーが記録的な大勝と言っていました。ロンバルディ・トロフィが手渡され、インタビューが映し出されていました。夢にまで見たスーパーボウル制覇が現実のものとなりました。でも、正直に言って、うれしいという気持ちよりもホッとしたという気持ちのほうが強く感じられました。フリダシに戻れは、いかにもキツイです。

2006年から8年。待ちに待ったスーパーチャンピオンです。いろいろありました。勝てて本当によかった。本当の喜びは一晩経ってからジワジワ沸き立つものなのでしょう。実感はありませんでした。肩がバリバリに固まっていました。楽な試合展開でしたが、体に余計な力が入っていたようです。強い眠気を感じました。その夜、試合を振り返りながら祝杯を挙げました。そして、すぐに眠りにつきました。熟睡しました。ぐっすり眠った翌朝は、さわやかな目覚めでした。シーホークス、第48回スーパーチャンピオン。引き締めようとしても自然に顔がほころんでしまい、引き締まらないまま一日を過ごしました。

家族に言われました、これで少しは熱が冷めるかも。自分もそう思いました。今回、夢の続きを見終わりました。でも、いわゆる一巻の終わりという印象です。これで終わったわけではなく、一段落ついたという気がしています。これから二巻、三巻と夢は続くのだろうと思います。見果てぬ夢には、まだ続きがあると思います。見果てぬ夢とは決して見終わらないものなのです。 
[ 2014/02/05 14:40 ] ゲーム | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL